2009-10-25 [Sun]

自然観察センター

昨夜から雨が降り出したので、今日の山歩きは出来そうにないなぁ…と思っていたのだが、朝起きて外を見ると、雨はすっかり上がって道路も乾いているではないか。
雨さえ降っていなければ、何の問題もない。喜んで山歩きに出掛けた。

エノキの板根昨日にも増してどんよりと曇っており、かなり肌寒さも感じる。
おそらく昨日の雨で、いつもの道はかなりぬかるんでいると思われたので、いつもと反対の行き方で歩いてみた。ただ反対に歩くだけで、かなり新鮮に感じるのが不思議だ。
山道は靄に包まれているが、地面はしっとりと湿っているだけで、ぬかるみもなく歩きやすい。雨を警戒してか、すれ違う人も本当に少ない。
昨夜のビールとこの肌寒さで、腹具合がちょっとだけ心配されたが、昨日も行くかどうか少し迷った「自然観察センター」を探検してみることにした。地図によると野外トイレがあるらしいので、万一の場合でも大丈夫そうだ。

自然観察センター(マウスオンで、野外トイレ)分岐点までは45分ほどで到着、センターへ通じる小道を進んでいく。
地図から想像したより長く感じるが、初めての道はいつもそういうものだ。本当に着くのかどうか、少しでも不安に感じてしまうと、便意を催しがちになる。
やがて、テーブルと椅子のある広場に出るが、まだ建物の類は見えない。少し奥に建物らしきものを発見。これが自然観察センターだな。
もちろん、早朝なので、まだ開いていない。肝心のトイレはその場所にはなく、案内の標識を見つけると、さらに60m先にあるとのこと。
言われるままに進むと、わりと立派なトイレを発見。帰り道もまた長いことだし、せっかくなので使わせてもらうことにする。想像していたよりも全然キレイなトイレで、ちゃんと紙も備え付けてあった。これは素晴らしい!
今後は、ここにトイレがあるとわかっただけで、随分と気持ちが楽になるね。

雨に濡れる葉っぱオレが用を足している間に雨が降り始めたようで、外に出ると霧雨になっている。なんだよ、これから晴れるのかなと思ってたのに…。
まぁ、大事なトイレを見つけたから、今日のミッションは大成功ということで、このまま引き返すことにした。
雨はどんどん強くなって、森の外からは雨音が激しく聞こえるが、森の中を歩いている限り、ほとんど濡れずに済む。こんな雨の中、高級なカメラと三脚を携えた人々と多くすれ違った。こういう日には、珍しい鳥なんかが撮影できるのかもねぇ。
森から出た途端、またずぶ濡れになっちゃったよ。


タグ:健康 雑記
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。