2009-10-06 [Tue]

CELLレグザ


今日の出勤時、京急のブルースカイトレインを、上りと下りで立て続けに2本見た。
どんなに良いことが起こるのか、一日中楽しみにしていたのだが、な〜んも起こらないどころか、ムカツクことばかりだったなぁ。
やっぱ、一気に2本も見ると、かえって有り難みがなくなるのかもね。

そんなことはさておき、昨日の東芝からのメールマガジンで、「CELLレグザ 55X1」という液晶テレビのモンスターマシンが発表されたことを知った。
PS3にも搭載されている、「Cell Broadband Engine」という、IBM・SONY・東芝が共同開発した高性能プロセッサ。それを搭載した新映像処理エンジン「CELLプラットフォーム」を、世界で初めて採用した液晶テレビだ。従来のレグザの143倍もの演算処理能力を使って、そりゃもうスゴイ映像を見せてくれるらしい。
また、複数映像の並列処理が可能となるため、過去26時間分の地デジ番組を最大8チャンネル分まるまる録画して、いつでも観ることができるという「タイムシフトマシン」機能を搭載している。内蔵HDDは3TBで、うち2TBをタイムシフトマシンに利用する。録画した番組の検索には「ローミングナビ」機能があり、キーワードに関連した番組を簡単に探し出すことが出来るそうだ。
液晶パネルも高輝度LEDバックライト搭載の最新鋭で、画面サイズは現状55V型のみ。スピーカーもリモコンも高級そうだ。
すげぇなぁ、普及タイプが出て価格がこなれてきたら、ぜひ欲しいもんだ。

今、開催中の「CEATEC JAPAN 2009」で展示されているそうだから、何とか実物を見に行きたいね。


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

東芝の新液晶TV「セルレグザ」、8チャンネル分の番組を26時間同時録画
Excerpt: 画面サイズは55型で、高輝度のLEDバックライトを搭載した液晶パネルを採用。ソニー(Sony)、IBMと共同開発した高性能画像処理プロセッサー「CELL(セル)」を搭載し、容量3TB(テラバイト)..
Weblog: 勝手にnews
Tracked: 2009-12-04 14:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。