2009-10-04 [Sun]

2009日本GP決勝


F1第15戦日本GPの決勝。
昨日のQ2で、イエローフラッグ区間を全開でタイムアタックした5名(バリチェロ、スーティル、バトン、ブエミ、アロンソ)が5グリッド降格ペナルティを受け、決勝グリッドは大きく変動した。たとえイエローでも、ドライバーとしては行くしかなかっただろうにね。
おかげで、ライコネンは5番手スタートに昇格してラッキーだったけど…。

グロックは、左足の負傷で今回は欠場。ウェバーはピットスタートだ。
フォーメーションラップのあと、53周でのレースがスタート。
ベッテルはトップのまま1コーナーを制し、ハミルトンが2番手に浮上。
ブエミがスタートできずに、イエローが振られている以外、大きな混乱はない。バトンは1つ順位を落としている。
1周目を終えた順位は、ベッテル、ハミルトン、トゥルーリ、ハイドフェルド、ライコネン、バリチェロ、スーティル、ロズベルグ、コバライネン、クビサ、バトン、フィジケラ、中嶋、アルグエルスアリ、リウッツィ、アロンソ、グロージャン、ブエミ、ウェバーとなっている。
ウェバーはトラブルを抱えているようで、2周目、3周目と立て続けにピットイン。ヘッドレストをガムテープで止めるなどの応急処置をしている。
ベッテルは、ハミルトンに2秒以上の差をつけてトップを快走している。
4周目にバトンが、シケインの飛び込みでクビサをパスしていく。ここが、ほぼ唯一の抜きどころのようだ。
12周目に、ブエミがマシンをガレージに入れてリタイヤする頃、スーティルがコバライネンに迫り、その後ろにバトンがついている。
14周目のシケインで、スーティルがコバライネンに仕掛けるが、コバライネンはまったく譲らず、そのまま接触。この間に、バトンは2台ともパスして8番手に浮上した。


16周目にハミルトンがピットイン、7番手で復帰する。この間、トゥルーリは2位を懸けて激走し、翌周にピットインするが一歩届かず、ハミルトンを抜くことは出来なかった。
その後、1ストップ組のアロンソとグロージャンを除いて、各車次々とピットインを済ませる。28周目にスプーンでグロージャンがコースオフし、この時点での順位は、ベッテル、ハミルトン、トゥルーリ、ハイドフェルド、ライコネン、バリチェロ、ロズベルグ、アロンソ、バトン、クビサ、コバライネン、フィジケラ、スーティル、アルグエルスアリ、グロージャン、中嶋、リウッツィ、ウェバーとなっている。
31周目に、アロンソが最初のピットイン。1ストップ作戦でここまで引っ張り、14番手で復帰する。32周目に、中嶋は1コーナーでリウッツィにパスされて16番手に落ちる。母国GPで、まったく良いところがない。
ファステストをマークしたライコネンが、残り18周でピットイン。8番手で復帰する。そこから、各車次々にピットイン。
38周目にハミルトンがピットインしたあと、トゥルーリは猛烈にプッシュし、40周目のピットインで、2番手を取り戻すことに成功する。ドライバーもチームも良い仕事をした。
同じ頃、フィジケラとコバライネンもピットイン。2台はピットロードからバトルモード全開で、コース復帰時に接触しながらもコバライネンが前に立った。
ベッテルは、残り13周目でピットインし、余裕でトップのままコース復帰。バリチェロも、バトンより前のポジションを維持したままでコース復帰する。


残り9周、130R付近で大クラッシュしたマシンが映し出される。アルグエルスアリだ。リプレイの映像は凄まじく、看板を突き破ってタイヤバリアに激突している。
これでセーフティカーの導入となり、ベッテル、トゥルーリ、ハミルトン、ライコネン、ロズベルグ、ハイドフェルド、バリチェロ、バトン、クビサ、アロンソ、コバライネン、フィジケラ、スーティル、リウッツィ、中嶋、グロージャン、ウェバーの順位で隊列を組んで走行するが、周回遅れのグロージャンは、ベッテルとハミルトンの間にいる。
残り4周でレース再開。
ライコネンがハミルトンに仕掛け、表彰台を狙う。さらに、バトンがバリチェロに仕掛けたり、クビサがバトンに仕掛けたりと、なかなか面白い。
しかし、そんなことはお構いなしのベッテルは相変わらず飛ばしまくり、鈴鹿初体験にもかかわらず、ポール・トゥ・ウィンで今季3勝目を果たして、少しだけチャンピオン争いに望みを繋げた。
2位にはトゥルーリが入り、トヨタに表彰台をプレゼント。
以下は、順位に変動がないまま、珍しいほどの数珠つなぎでチェッカーを受けた。
バトンは何とか1ポイントをゲットし、バリチェロはバトンとの差を1点だけ縮めるにとどまり、チャンピオン決定は次戦ブラジルGPまで持ち越された。
それにしても、久々の鈴鹿は面白かったねぇ。

1位 セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー
2位 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ
3位 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス
4位 キミ・ライコネン フェラーリ
5位 ニコ・ロズベルグ ウイリアムズ・トヨタ
6位 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー
7位 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス
8位 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス
9位 ロバート・クビサ BMWザウバー
10位 フェルナンド・アロンソ ルノー
11位 ヘイキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス
12位 ジャンカルロ・フィジケラ フェラーリ
13位 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス
14位 ビタントニオ・リウッツィ フォース・インディア・メルセデス
15位 中嶋一貴 ウイリアムズ・トヨタ
16位 ロマン・グロージャン ルノー
17位 マーク・ウェバー レッドブル・ルノー
R ハイメ・アルグエルスアリ トロロッソ・フェラーリ
R セバスチャン・ブエミ トロロッソ・フェラーリ


タグ:F1 鈴鹿 決勝
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
Motoさ〜ん!やっぱり生の音はいいですね〜
目の前を走るっていいですね!
回りの人もよかったです。
そんなこんなでバトンはアレでしたがwでもうれしい事がたくさんあって、私は感動してます。
ほんと、バトンの降格はすごくショックでした。今朝もシリアルを少し食べただけ。昼はおにぎりが2つかw(昨日より食べてるw)
なんとか1ポイント。その感動が忘れられません。最後クビサに抜かれるか・・・って実況放送があったけど見る事はできませんでした。「ええ!!」って泣きたかったけど最後8位でホッとしました。
鈴鹿のライコネン、カッコよかったですよ!
応援団もいてウラヤマシイです!女性用のKimiと書かれたキャップが羨ましかったです。
Posted by まめ。 at 2009年10月04日 23:04
まめ。さん、こんにちは。
バトンの表彰台は叶わなかったけど、貴重な1ポイントが取れて良かったです。
本物を観ると、本当に感激しますよね。
テレビでは伝わらない生の迫力に圧倒されて、やっぱり異次元の世界に生きている人たちなんだと実感しますもんね。
今季中は、その余韻に浸れると思いますよ(^_^;)。
Posted by Moto at 2009年10月05日 06:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2009 F1日本GP 決勝! 1ポイントはうれしかった(号泣)& 感動したこと
Excerpt: 決勝観戦して参りました! しかしあれですよ。まずはヴェッテルぶっちぎりで上手いわ。 ハミルトンもライコネンもアロンソもほんと上手い!トゥルさんもよかった。クビサだってニコだってハイドフェルドだってコヴ..
Weblog: ぴぐろぶ
Tracked: 2009-10-05 19:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。