2009-10-03 [Sat]

2009日本GP予選


3年ぶりに鈴鹿サーキットで開催される、F1第15戦日本GPの予選。
昨日の雨から一転して、良く晴れている。
地上波の放送では、スペシャルゲストとして佐藤琢磨が来ているが、ホントは自分が走りたかっただろうに…。
フリー走行でクラッシュしたウェバーは、予選を欠場とのことで、ピットスタートが決定しているそうだ。

Q1

Q1で最初に出て行ったブエミが、いきなりデグナーでスピン。リアをタイヤバリアにぶつけるが、大きな損傷はない模様。ちなみにウェバーもここでクラッシュしたらしく、その後、コバライネンも同じところでスピンしている。
鈴鹿初体験のベッテルやハミルトンだが、走るたびに速くなっていくあたりは、さすがと言わせるものがあるね。先ほどスピンしたブエミもかなり乗れており、復帰早々4番手タイムを叩き出している。
結局、Q1を制したのはベッテルで、1分30秒883というトップタイム。
以下、ハミルトン、バトン、トゥルーリ、ブエミ、ライコネン、バリチェロ、ロズベルグと続く。
ここでの脱落は、フィジケラ、中嶋、グロージャン、リウッツィ、ウェバーとなった。
日本期待の中嶋、気負い過ぎか…。

Q2

続くQ2では、ライコネンが最初のアタックを終えた時点で、アルグエルスアリが同じくデグナーで大クラッシュ。残り11分15秒で赤旗中断となる。ドライバーは無事で、ちゃんと自分で歩いている。
セッション再開でトヨタの2台が出て行き、トゥルーリがトップタイムをマークしたところで、今度はグロックが最終コーナーに突き刺さるカタチで大クラッシュ。またしても、残り7分49秒で赤旗中断となる。なかなか出てこなくて心配されたが、ようやく救出されたグロックは救急車で運ばれ、その後ヘリで病院に搬送された。昨日は風邪で体調不良だったグロック。本人は大丈夫であることをアピールしていたので、何とか無事のようだ。
セッション再開で、ベッテルが1分30秒341でトップタイムをマークする。
ブラウン勢がタイムアタック中、ブエミの2度目のクラッシュでパーツが散乱し、イエローフラッグが出てしまう。ブラウン勢はそのままタイムを更新したが、このタイムが認められるかどうかは審議対象となる模様。
ここでの脱落は、ロズベルグ、アロンソ、クビサ、グロック、アルグエルスアリの5名。
最近になく荒れた予選で、上手くタイム更新できなかったアロンソは、かなり不満があるようだ。ちなみに、インドのスーティルは、鈴鹿でもかなり速い。

Q3

最終のQ3が始まった途端、Q2の2度にわたる赤旗中断のため、放送時間がなくなったとのこと。なんじゃそりゃ?
放送終了間際に、コバライネンが、またも同じデグナーでスピンしてクラッシュするシーンが映る。これが3度目の赤旗中断となったようだ。
せっかく生放送してもらっても、こりゃ、ヒドイ扱いだな。これだったら、録画の方がありがたいよ。

Webのニュースで見た結果によると、ポールポジションはベッテルで、タイムは1分32秒160とのこと。ということは、ベッテルは全セッションでトップタイムということになる。
以下、トゥルーリ、ハミルトン、スーティル、バリチェロ、ハイドフェルド、バトン、ライコネン、コバライネン、ブエミと続くが、クラッシュしたマシンが多いため、明日のグリッドはまったく不明だな。


タグ:F1 鈴鹿 予選
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
Motoさん!行って参りました^^
行ってよかった〜やっぱり生は素晴らしいですね!!みんな速いけど、でもこれまでの王者と言われる選手はほんと上手いですね。
コーナリングとか速いまま入ってくるよ・・・私は1〜2コーナーの所で見ていますが、バトンはちょっとためらい感があったように感じました。
他の場所が全然わかんないので、TVで見た方が全体がわかりますねw今日だいぶんクラッシュがありましたが、見えないし何処であったかわかんないしw大画面はあるんだけどフェンスでわかりにくい><
でも目の前を走ってくるマシンの迫力は度肝を抜かれました。
ライコネン、本当に上手かったです。さすがだと思いました。
Posted by まめ。 at 2009年10月03日 20:04
本当に、本当に、本当に(大事なので3回w)波乱な予選でしたね。
一貴はもう・・・ですが、赤旗中断が3回と異常でした。
デグナー出口でバランスを崩してるドライバーが多かったですが、絶対決勝でも何かありますよね。
ブラウンGP勢は不本意な黄旗無視で両人とも5グリッド降格。
日本GPでの決着はつきそうにありませんね・・・
あと、フジテレビの放送は本当に不満でしたね。
Posted by DeltA at 2009年10月04日 04:49
まめ。さん、こんにちは。
1〜2コーナー付近で観戦ですか。決勝スタートは興奮ものですね。
テレビと違って、全体の流れはほとんど把握できないですが、あの雰囲気を生で味わうだけでも、行く甲斐があるってもんですよね。
とにかく、晴れてて何よりです。
ちょっと難しい展開になったようですが、鈴鹿で生バトンのチャンピオンが決まれば、こんなに嬉しいことはないでしょうね。奇跡が起こることを祈っています。
Posted by Moto at 2009年10月04日 05:11
DeltAさん、こんにちは。
近年まれに見る大波乱の予選でしたね。決勝グリッドもかなり混乱しています。
フジテレビの放送も最悪でしたね。
決勝でも、デグナーは鬼門になるでしょうね。セーフティカー導入もあり得るので、グチャグチャになるかもしれません。
バトンは、そうした奇跡を上手くモノにしないと、ちょっと難しい状況ですね。
2005年にライコネンが見せた「16台ごぼう抜き」のキレた走りを、再現して欲しいです。
Posted by Moto at 2009年10月04日 05:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。