2009-09-28 [Mon]

2009シンガポールGP決勝


F1第14戦シンガポールGPの決勝。
予選で5番手のバリチェロは、ギアボックス交換で5グリッド降格し、10番手スタート。また、7番手のハイドフェルドもトラブルにより、ピットスタートを選択している。

フォーメーションラップの後、61周のレースがスタート。
ポールポジションのハミルトンが難なく1コーナーを制し、ロズベルグが2番手に浮上。ハミルトンにしっかりとついていく。接触などもなく、キレイなスタートだ。
1周目を終えた順位は、ハミルトン、ロズベルグ、ベッテル、ウェバー、グロック、アロンソ、バリチェロ、クビサ、コバライネン、バトン、中嶋、ブエミ、ライコネン、アルグエルスアリ、スーティル、フィジケラ、トゥルーリ、リウッツィ、グロージャン、ハイドフェルドとなっている。
4周目、グロージャンが早くもリタイヤして歩いている映像が流れるが、原因は不明。
その後、まったく順位の変動もないままレースは淡々と進む。ほとんど抜きどころのない市街地レースは、ピット戦略かクラッシュでしか順位は変動しないね。
14周目にリウッツィがフィジケラに仕掛けるが、イエローフラッグにより抜くのをやめる。どうやら、グロックのパーツが脱落して、コース上に残っているようだ。


18周目にベッテルがピットイン、7番手で復帰する。
19周目にはロズベルグがピットインして、バリチェロの前で復帰するが、すぐに抜き返されて5番手。しかし、ピットレーンを出るときに白線を越えてしまったことが審議対象となり、のちにドライブスルーペナルティが出てしまう。
その後も各車ピットインは続き、20周目にはトップのハミルトンが作業を終えて、トップを維持したままコースに復帰する。
その頃、アルグエルスアリに仕掛けたスーティルがスピンし、そこにハイドフェルドが接触するという事故が発生。パーツがコースに飛び散ったために、22周目にセーフティカーの導入となる。これで2名とも、のちにリタイヤとなってしまう。
このタイミングで各車ピットイン、アルグエルスアリは焦ったのか、ロリポップ無視で給油ホースをつけたまま発進し、クルーを引きずってしまった。昨年のマッサを思い出す。
セーフティカー先導での順位は、ハミルトン、ロズベルグ、ベッテル、グロック、アロンソ、バリチェロ、コバライネン、バトン、ウェバー、クビサ、中嶋、ライコネン、ブエミ、トゥルーリ、フィジケラ、リウッツィ、アルグエルスアリとなっている。


26周目にレース再開。
28周目に、2番手のロズベルグがドライブスルーペナルティを実行し、14番手に後退。わずかなミスにより、表彰台を逃すことになってしまった。
ベッテルはハミルトンを0.7秒差で猛追するが、抜くことは出来ない。40周目にピットインするが、その際に速度違反があったようで、ドライブスルーペナルティが出てしまう。ハミルトンを追うヤツらが、みんなバタバタと自滅していく。
46周目にグロックがピットインして6番手で復帰する頃、ウェバーがブレーキトラブルにより、後ろ向きでバリアに衝突してクラッシュ。セーフティカーは出ないようだ。
残り11周でアロンソ、翌周にはバトンがピットイン。バトンはバリチェロより前に出ることに成功した。
残り8周での順位は、ハミルトン、グロック、アロンソ、ベッテル、バトン、バリチェロ、コバライネン、クビサ、中嶋、ライコネン、ロズベルグ、トゥルーリ、フィジケラ、リウッツィとなっている。
残り3周目に、クビサ、中嶋、ライコネンの、ポイントを掛けた8番手争いが続くが、レースはそのままチェッカー。ハミルトンが、ポール・トゥ・ウィンで今季2勝目を獲得した。
グロックが2位に入り、トヨタが久々の表彰台。昨年の優勝者であるアロンソは3位で、今季初の表彰台。

しかし、ナイトレースってキレイなんだけど、ここのコースはモナコに比べて、どこ走っているのか特徴がないから、イマイチつまんないな。
バトンがバリチェロとの差を少しだけ広げて、次戦はいよいよ鈴鹿の日本GPだ!

1位 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス
2位 ティモ・グロック トヨタ
3位 フェルナンド・アロンソ ルノー
4位 セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー
5位 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス
6位 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス
7位 ヘイキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス
8位 ロバート・クビサ BMWザウバー
9位 中嶋一貴 ウイリアムズ・トヨタ
10位 キミ・ライコネン フェラーリ
11位 ニコ・ロズベルグ ウイリアムズ・トヨタ
12位 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ
13位 ジャンカルロ・フィジケラ フェラーリ
14位 ビタントニオ・リウッツィ フォース・インディア・メルセデス
R ハイメ・アルグエルスアリ トロロッソ・フェラーリ
R セバスチャン・ブエミ トロロッソ・フェラーリ
R マーク・ウェバー レッドブル・ルノー
R エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス
R ニック・ハイドフェルド BMWザウバー
R ロマン・グロージャン ルノー


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
こんばんは^^お久しぶりです!
今回は何故かちょっとほのぼのとしたレースに感じました♪
ハミルトンとアロンソが並んで表彰台に立った時、笑顔だったのが嬉しかったです^^
私のバトンwもどうにか5位になってくれてほんとにホッとしています^^;
さて今週です。。日本GP!!!
私はもうドキドキしています…お天気があまり良くなさそうですが、もう鈴鹿の名前の入ったレインコートもシートクッションも購入wwwシューズに防水スプレーをふってと…www
どきどきどきどき・・・・
Posted by まめ。 at 2009年09月29日 02:22
まめ。さん、こんにちは。
いよいよですね、鈴鹿。
バトンが、バリチェロに5ポイント差をつければ、鈴鹿でチャンピオンが決まります。
良い天気になって、優勝でチャンプ決定となれば最高ですね。
テレビを観ながら、応援・お祈りしています。
Posted by Moto at 2009年09月29日 06:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2009 F1シンガポールGP
Excerpt: シンガポールGP、2回目ですね。 ・・・ロッカー地図やりながら見ていたといぅ罠。。。^^; (↑DSドラクエ9の事ですね。わかりませんかw) バトンが5位でチェッカー受けた時は、安心..
Weblog: ぴぐろぶ
Tracked: 2009-09-29 23:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。