2009-09-14 [Mon]

2009イタリアGP決勝


F1第13戦イタリアGPの決勝。
今回は超高速サーキットということで、ルノーもKERSを使用している。
上位3台以外は燃料をたっぷり積んでいるので、1ストップ作戦が主流かと思われる。
ギアボックス交換のアルグエルスアリは、ピットスタートを選択。バリチェロもギアボックスに問題があったが、交換によるグリッド降格を避け、敢えて交換しなかった。

フォーメーションラップの後、53周でのレースがスタート。
ライコネンは、予想通りスーティルを抜いて2番手浮上。コバライネンが重いために遅く、バリチェロ、バトン、リウッツィに次々とパスされる。ウェバーはクビサと接触したらしく、早々にリタイヤとなってしまう。
ブラウンGPの2台が、満タン状態ながらも驚異的な速さを見せており、2周目を終えた時点での順位は、ハミルトン、ライコネン、スーティル、バリチェロ、バトン、リウッツィ、コバライネン、アロンソ、クビサ、ベッテル、フィジケラ、ハイドフェルド、ロズベルグ、中嶋、トゥルーリ、グロック、ブエミ、アルグエルスアリ、グロージャンとなっている。
3周目に、アロンソがコバライネンをパス。4周目には、ロズベルグがフロントウィングの破損で緊急ピットイン。クビサもウェバーとの接触でフロントウィングを破損し、エンドプレートがグラグラの状態で走行を続けている。これに対してブラック&オレンジフラッグが出て、ピットインしての修理を命じられる。


ハミルトンは軽さを生かして飛ばしまくり、最初のピットインまでに、ライコネンに対して6.5秒ほどの差をつけ、スーティルもライコネンに0.8秒以内に迫っている。ライコネンのペースがイマイチ上がらない…というか、ハミルトンとスーティルが速すぎるようだ。
15周目にハミルトンがピットイン。5番手でコース復帰。
クビサがリタイヤする中、17周目にスーティルがピットイン。コバライネンの前、7番手で復帰し、後ろからしきりに突かれながらもポジションキープ。
19周目にライコネンがピットイン、5番手で復帰する。
22周目での順位は、バリチェロ、バトン、ハミルトン、リウッツィ、ライコネン、アロンソ、スーティル、コバライネン、ベッテル、ハイドフェルド、フィジケラ、中嶋、トゥルーリ、グロック、ブエミ、グロージャン、ロズベルグとなっていたが、リウッツィが駆動系トラブルにより突然のリタイヤ。ライコネンに運が味方しているようだ。アルグエルスアリは、知らない間にリタイヤしている。
26周目以降、アロンソ、コバライネン、ベッテルら、1ストップ組が続々とピットイン。
28周目にバトン、29周目にバリチェロがそれぞれピットイン。ドライバー、チームとも、完璧な仕事で最後のピット作業を済ませ、優勝が見えてきた。
34周目に、予想より早くハミルトンがピットイン。ブラウンGPに対して十分なマージンが築けずに、5番手で復帰。ブラウンGPの戦略はバッチリはまったようだ。
37周目に、ライコネンとスーティルが同時にピットイン。スーティルは焦ったのか、ピットで止まりきれずにクルーをはね飛ばし、斜めに停止するというミス。ライコネンは作業を終えてスタートする時に一瞬止まってヒヤッとしたが、何とかスーティルの前でコース復帰を果たす。


全車ピット作業を終え、残り11周目での順位は、バリチェロ、バトン、ハミルトン、ライコネン、スーティル、アロンソ、コバライネン、ハイドフェルド、ベッテル、フィジケラ、中嶋、トゥルーリ、グロック、ブエミ、グロージャン、ロズベルグとなっている。
残り5周目で、トゥルーリが中嶋をパスしようとして接触。コースオフした後、グロックと並走するカタチとなるが、どちらも譲らず接触寸前、チームメイト同士のバトルが勃発する。やがて、トゥルーリはコースオフを喫して、14番手にまで順位を落とす。まさにチーム同士のつぶし合いだ。
このままの順位でチェッカーを受けると思われた最終ラップ、バトンを猛追していたハミルトンが縁石に乗ってスピン。タイヤウォールに激突する大クラッシュとなり、セーフティカーが入った。これによって、幸運にもライコネンに表彰台が転がり込み、ハミルトンには悪いけど、オレは飛び上がって喜んだよ。
そのまま、バリチェロが今季2勝目、バトンが2位に入り、ブラウンGPが今季4度目の1-2フィニッシュだ。とにかく、満タン状態での速さが驚異的だった。これで、バトンの最大のライバルは、バリチェロということになった。それにしても、表彰台でのバリチェロは、実際の年齢以上にオヤジ臭さが爆発だなぁ。
ライコネンは、棚ぼたながらも、4戦連続の表彰台。なんせ、フェラーリの母国イタリアだから、4位で終わるよりは全然良かった。
スーティルは前回のフィジケラ同様、最後の最後までライコネンを追い詰めての4位。インドの最近の大躍進は、まさに驚異的だ。

1位 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス
2位 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス
3位 キミ・ライコネン フェラーリ
4位 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス
5位 フェルナンド・アロンソ ルノー
6位 ヘイキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス
7位 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー
8位 セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー
9位 ジャンカルロ・フィジケラ フェラーリ
10位 中嶋一貴 ウイリアムズ・トヨタ
11位 ティモ・グロック トヨタ
12位 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス
13位 セバスチャン・ブエミ トロロッソ・フェラーリ
14位 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ
15位 ロマン・グロージャン ルノー
16位 ニコ・ロズベルグ ウイリアムズ・トヨタ
R ビタントニオ・リウッツィ フォース・インディア・メルセデス
R ハイメ・アルグエルスアリ トロロッソ・フェラーリ
R ロバート・クビサ BMWザウバー
R マーク・ウェバー レッドブル・ルノー


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
こんばんは。
ハミルトンには終盤、後ろで冷や冷やさせられましたがあんな事が起きるなんてびっくりしましたね。
でもイタリアでフェラーリ、ライコネンが表彰台は本当に良かったですね^^
ライコネンは4戦連続表彰台ですか。。。やっぱスゴイな〜
私のバトンも今回は2位になれてほっとしました。この調子で残り4戦戦ってくれると嬉しいですが、鈴鹿はレッドブルのがよさそうなのでちょっと心配です。でもバトンは鈴鹿で何度も走っているので頑張って欲しい。
私は初めての鈴鹿なのでホント、バトンの走る姿を最後までみたいです。リタイヤとかしてほしくないですが、するなら私の観ている前でして欲しいですwww

Posted by まめ。 at 2009年09月15日 23:37
まめ。さん、こんにちは。
バリチェロがギアボックスを交換していたら、バトンが優勝してたかも知れませんね。
最近のライコネンはスタートが抜群に速く、確実にKERSでジャンプアップできるので、予選でそこそこ上位に入れば、意外と行けちゃうようになりました。
鈴鹿では、ブラウンGPの方が合っているようにも思いますよ。バトンは鈴鹿のS字が大好きみたいですし、何よりレッドブルにはフレッシュなエンジンがないので、まったく無理が出来ません。
それにしても、「リタイヤするなら自分の前で…」っていう気持ちは、よくわかります。
Posted by Moto at 2009年09月16日 06:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2009 F1イタリアGP 決勝 / ブラウンGP1(バリチェロ)−2(ジェンソン・バトン)おめでとう!(^0^) & 鈴鹿への想ひ♪
Excerpt: ブラウンGP久々の1−2 予選は観てなかったけど、今夜は久々にCSで観ました。 バトンは6グリッドからだったのでこれを維持できればいいけど、出来れば表..
Weblog: ぴぐろぶ
Tracked: 2009-09-15 23:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。