2009-08-31 [Mon]

2009ベルギーGP決勝


F1第12戦ベルギーGPの決勝。
スパ・フランコルシャンは、高低差が大きく、1周が7km以上にもなる最長コース。
燃料搭載量から言うと、2番グリッドのトゥルーリが有利ということで、トヨタ悲願の初優勝に向けて、フジテレビもチームも大騒ぎだが、今まで何度こういう騒ぎがあったことか…。

フォーメーションラップのあと、44周のレースがスタート。
バリチェロが痛恨のスタートミス。その直後のグリッドだったライコネンは、KERSパワーで一気に前に出て、ランオフエリアを使いながら、最終的にはフィジケラに次いで2番手にまで浮上する。さすが、スパを知り尽くしている。
その後ろでは多重事故が発生しており、バトンとグロージャン、ハミルトンとアルグエルスアリが、それぞれ接触してクラッシュ。この4台が早々にリタイヤとなってしまう。ポイントリーダーのバトンにとって、これは相当イタイ!
この事故で、セーフティカーの導入となった。トゥルーリも接触して、フロントウィングを破損している。これだから、優勝、優勝って騒ぐな!ってんだ。
1周を終えての順位は、フィジケラ、ライコネン、クビサ、グロック、ウェバー、ハイドフェルド、ロズベルグ、ベッテル、アロンソ、コバライネン、ブエミ、中嶋、バドエル、トゥルーリ、バリチェロ、スーティルとなっている。
4周目にレース再開。オールージュを抜けたところで、ライコネンがフィジケラをパスしてトップに立った。くぅ、しびれるぅ!
ベッテルもロズベルグをパス、バリチェロもバドエルを抜いて、それぞれ順位を上げている。バリチェロは、さらに中嶋も抜いて、12番手まで浮上。ノリに乗っているようだ。
11周目での順位は、ライコネン、フィジケラ、クビサ、グロック、ウェバー、ハイドフェルド、ベッテル、ロズベルグ、アロンソ、コバライネン、ブエミ、バリチェロ、スーティル、中嶋、バドエル、トゥルーリとなっている。


12周目から、クビサを最初に、ピットインが始まる。
グロックは、給油ミスのため、13番手にまで順位を落とす。
14周目には、ライコネンとフィジケラが同時にピットイン。2台の順位に変動はない。
ウェバーとハイドフェルドも同時にピットイン。しかし、ピットアウト時にレーンでニアミスがあり、これが審議対象となる。後に、ウェバーに対してドライブスルーペナルティが出ることになる。
19周目での順位は、ライコネン、フィジケラ、アロンソ、クビサ、コバライネン、ブエミ、ベッテル、ハイドフェルド、バリチェロ、スーティル、ロズベルグ、グロック、ウェバー、中嶋、バドエル、トゥルーリとなっている。
21周目に、トゥルーリがピットでリタイヤする映像が流れる。
24周目に、ここまで引っ張ったアロンソがピットイン。すべてが完璧だった。しかし、左フロントのホイルカバー装着に手間取り、大幅なタイムロス。どうやら1周目での接触でダメージを受けていたようだ。このことが原因で、アロンソは後にリタイヤとなってしまう。
28周目、トップを走るライコネンとフィジケラは、まったく同じペースで走っている。ここスパでは、フォース・インディアが最速マシンの一つであり、フェラーリはハード側タイヤとのマッチングが良くないようだ。ライコネンの方が1周早くピットインする予定なので、「フィジケラを突き放せ!」と、チームからの檄が飛ぶ。


残り13周目で、またしてもライコネンとフィジケラが同時にピットイン。ライコネンが1周早いというのは、チームの読み間違えだろうか。少しとはいえ差を広げていたので、順位に変動なくコース復帰する。
ベッテルはプッシュするべき時にプッシュし、残り9周目でのピットインでクビサの前に出ることに成功し、表彰台をたぐり寄せた。さすが天才だ。
この時点での順位は、ライコネン、フィジケラ、ベッテル、クビサ、ハイドフェルド、コバライネン、バリチェロ、ロズベルグ、ウェバー、グロック、スーティル、ブエミ、中嶋、バドエルとなっている。
残り3周で、ベッテルがトップの2台に迫ってきた頃、バリチェロのエンジンから白煙が出始めた。チームからの指示では、オイル漏れのようで特に問題ないとのこと。

レースはそのまま、ライコネンが今季初優勝を遂げた。
昨年のスペインGP以来の優勝だ。やはり、スパではライコネンが圧倒的に強く、これまでのリザルトも、優勝かリタイヤのどちらかだ。表彰台中央での旨そうなラッパ飲みが、久々に見ることができて良かった。サイコーだ!
フィジケラは、優勝に値するような2位で、フォース・インディアに初ポイントと初表彰台をもたらした。ベッテルは3位で、チャンピオンシップポイントでも3位に浮上した。
バリチェロは、白煙を吹きながらも7位入賞を果たし、ピットレーンでは、ついにエンジンから炎が上がった。まさに満身創痍だ。

1位 キミ・ライコネン フェラーリ
2位 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディア・メルセデス
3位 セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー
4位 ロバート・クビサ BMWザウバー
5位 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー
6位 ヘイキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス
7位 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス
8位 ニコ・ロズベルグ ウイリアムズ・トヨタ
9位 マーク・ウェバー レッドブル・ルノー
10位 ティモ・グロック トヨタ
11位 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス
12位 セバスチャン・ブエミ トロロッソ・フェラーリ
13位 中嶋一貴 ウイリアムズ・トヨタ
14位 ルカ・バドエル フェラーリ
R  フェルナンド・アロンソ ルノー
R  ヤルノ・トゥルーリ トヨタ
R  ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス
R  ロマン・グロージャン ルノー
R  ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス
R  ハイメ・アルグエルスアリ トロロッソ・フェラーリ


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
今回は、幸運なドライバーと不運なドライバー、両方が極端に多かったように感じます。
まずはライコネン、いくらマシンが良くなってるとは言え、今GPではKERSが光りましたね。上り坂で使えばかなり有利に見えました。
力印度のフィジケラも、KERSを持つフェラーリに元々のマシンの仕上がりの高さで五分五分な感じでしたね。

トヨタは・・・本当に期待するのが辛くなってきますよね。
バトンも1周もせずにリタイア、本当に終盤にかけて面白そうな展開になってきそうです。
Posted by DeltA at 2009年08月31日 21:58
こんばんは!
ライコネン優勝おめでとうございます!
私、結局前回も今回も観れませんでした(><)その間、バトンは段々危うくなってきましたね……どうしよう(泣)本腰入れて応援せねば!
バリチェロもなんやかや文句言ってたのに頑張ってますね。バトンがリタイヤなんて…ちょっとショックです。。。
Posted by まめ。 at 2009年09月01日 00:35
DeltAさん、こんにちは。
スパ・マイスターのライコネンですが、6番手スタートから優勝するとは、夢にも思わなかったです。表彰台は、十分行けると思ってましたが…。バリチェロのスタートトラブルが大きかったです。
また、インドはここのサーキットには、バッチリ合っていたようですね。
トヨタは…、ノーコメントです(^_^;)。
Posted by Moto at 2009年09月01日 07:03
まめ。さん、こんにちは。
観なかったから絶不調なのか、絶不調だから観ない方が良かったのか…。
バトンのチャンピオンはたぶん大丈夫だとは思いますが、かなりハラハラする展開になるかもしれませんね(^_^;)。
バリチェロを見てても、マシン的には十分な戦闘力があるようですから、これからは、応援してあげてくださいよ。
Posted by Moto at 2009年09月01日 07:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。