2009-08-30 [Sun]

2009ベルギーGP予選


F1第12戦ベルギーGPの予選。
今回出走するドライバーの中で、ここスパ・フランコルシャンでの優勝経験者はライコネンのみ。かなり期待している。

Q1

Q1は、フィジケラが最初にコースイン。相当調子が良さそうだ。
フリー走行から好調のトヨタは、2台ともトップ争いが出来るタイムを出している。
撤退が決まってからも開発を進めているBMWザウバーだが、ようやくまともに戦えるマシンになってきたようだ。
一方、チャンピオン争いに辛うじて踏みとどまっているレッドブルだが、ここに来て2台ともにエンジントラブルが続発しているので、できるだけ温存して余計な周回数を減らすようにしないと、グリッド降格ペナが避けられない状況で、かなり苦しい。
そんな状況でQ1を制したのは、なんと、万年テールエンダーだったフォース・インディアのフィジケラ。1分45秒102でトップに立った。スーティルも4番手に入っているので、インドの力が上がってきたようだ。2番手にはトゥルーリがつけている。
ブラウンGPは、前回優勝したバリチェロは引き続き好調なのだが、バトンはチャンピオン争いのプレッシャーからか、明らかに不調のようだ。
前回、惨憺たる結果だったバドエルは、今回も終了間際にスピンしてコースオフ。タイヤバリアにリアをぶつけて止まってしまい、イエローフラッグ。最後のタイムアタックに懸けていたドライバーに、少なからず迷惑を掛けている。
ここでの脱落は、ブエミ、アルグエルスアリ、中嶋、グロージャン、バドエルの5名。
中嶋も、チームメイトに大きく差を付けられており、このままじゃヤバイ。

Q2

続くQ2でも、フィジケラ、トゥルーリの速さは変わらない。
BMWザウバーも好調だし、天才ベッテルも、少ないタイムアタックで確実にタイムを出してきている。
最終的にQ2を制したのはトゥルーリで、1分44秒503でトップに立った。クビサが2番手、ベッテルが3番手に飛び込み、フィジケラは4番手となった。
ライコネンは9番手で、辛うじてQ3進出。まだまだ、マシンの速さが足りないようだ。
ここでの脱落は、スーティル、ハミルトン、アロンソ、バトン、コバライネンの5名。
前回のGPで完全復活と思われたマクラーレンは、2台ともQ3進出ならず。マシン特性が、このサーキットとは合っていないようだ。
絶不調のバトンは、今季初のQ2脱落。バトンもスーティルも、完全にチームメイトに差を付けられてしまった。

Q3

最終のQ3は、いつもとは違う顔ぶれでの闘いとなり、誰がポールポジションを獲ってもおかしくない状況。
最初にコースに出て行ったライコネンが、しばらくトップの状態が続くが、残り2分を切った頃からトップ争いが激化する。
目まぐるしくトップが入れ替わる中、結局、フィジケラが1分46秒308というタイムで、自身としては3年ぶり、チーム初となるポールポジションを獲得した。
2番手にはトゥルーリ、3番手にはハイドフェルドと、かなり新鮮というか、地味な3人が予選後のインタビューを受けることになった。
以下、バリチェロ、クビサ、ライコネン、グロック、ベッテル、ウェバー、ロズベルグと続く。
明日の決勝は、またまたライコネンのKERSを使ったジャンプアップに期待しよう。

※今日読み終えた本

ちんたら読んでたら、今まで掛かってしまった。
基本的にはvol.1とほぼ同じような内容だが、2008年以降の新しい技術についても多く書かれており、とても参考になった。



ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
こんばんは。久しぶりにコメントさせて頂きます。先週ヨーロッパGPだったんですね(泣)知らない選手の名前もあったりして。。><
今回、バトンも後ろのほうからの出走で。ああ・・・かっちょいいバトンが鈴鹿でみれないのかなぁ。。。
というか、今後、新型インフルエンザがどうなるかによって、私の鈴鹿行きも左右されそうです(号泣)
どうにかして生バトンを見に行きたいです!
Posted by まめ。 at 2009年08月30日 22:49
まめ。さん、こんにちは。
久しぶりですね。
まめ。さんが応援しなくなってから、バトンは絶不調ですよ(^_^;)。
インフルエンザが流行ると、お仕事は大変そうですけど、高価なチケット買っちゃったんだったら、どんなことがあっても行かせてもらうしかないでしょう!
予め、この日だけは休ませてくれぃ!と、よ〜くお願いしておいてください。
Posted by Moto at 2009年08月31日 20:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

F1
Excerpt: F1 : ライコネン、フェラーリ離脱の可能性を認める ‎15 &#26...
Weblog: りんちゅうの日記
Tracked: 2009-08-30 07:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。