2009-05-24 [Sun]

2009モナコGP予選


F1第6戦モナコGPの予選。
今回も、KERSを搭載しているのは、マクラーレンとフェラーリのみ。

Q1

Q1開始早々、マッサがスピンで、フロントノーズを壊している。
モナコでも、依然としてブラウンGPが速いようだ。今日が誕生日のバリチェロも気合い十分で、ウォールに接触しながらもトップタイムを叩き出すが、すぐにバトンに更新されてしまう。1分15秒台の争いだ。
残り8分、ハミルトンがミラボーでスピン、リアをタイヤバリヤにぶつけてクラッシュし、赤旗中断となる。マシンが良くなってきただけに、かなり落胆しているようだ。
セッション再開後、マッサも調子を取り戻して上位に食い込んでくる。
最後の最後でトップに立ったのはロズベルグで、1分15秒094を叩き出した。チームメイトの中嶋もかなり調子が良いようだ。
ここでの脱落は、ハミルトン、ハイドフェルド、クビサ、トゥルーリ、グロックの5名。
相変わらず、BMWザウバーはどん底の状態だが、トヨタはもっとエライことになっている。インドが脱落していないのは、実に新鮮だ。

Q2

続くQ2では、久々に、速いフェラーリとマクラーレンが帰ってきた。
とくに素晴らしかったのがライコネンで、1分14秒514という圧倒的なスーパーラップを叩き出し、ついにモナコで覚醒したようだ。
2番手はコバライネンで、ハミルトンが消えた分をカバーしている。
中嶋も、ギリギリだけど、ついにQ3進出を決めた。
ここでの脱落は、ブエミ、ピケ、フィジケラ、ブルデー、スーティルの5名。

Q3

最終のQ3でも、ライコネンの速さは変わらない。1分14秒927でトップに立ったままチェッカーが振られるが、その後、バトンがわずかに0.025秒だけ上回ってトップに立った。
これで、バトンがモナコでの初ポール・ポジション獲得、ライコネンが今季初のフロントロウに並ぶこととなった。
3番手以降は、バリチェロ、ベッテル、マッサ、ロズベルグ、コバライネン、ウェバーと続く。Q3進出組は、ほとんどが軽めの燃料搭載量だが、中嶋はかなり積んでいるようで、確実にポイントを狙う作戦のようだ。
明日の決勝では、ライコネンがKERSのパワーを使ってスタートを制すれば、間違いなく優勝できると思う。楽しみでしょうがない。久々にワクワクした。

※今日読み終えた本

最近出たVol.2も同時に買ったのだが、まずその前編である本書を読み終えた。
今となっては、内容が若干古い部分もあるが、実に興味深く読むことができた。
さぁ、最新刊を読むぞ。

4779602335F1マネー&サイエンス
三栄書房 2007-03

by G-Tools


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
これはすごい事になりましたぞ。。
ライコネンとフロントローになってしまうとは!!!
今夜の予選はわたくし、バトンを精一杯応援するでござる!!!
Posted by まめ。 at 2009年05月24日 14:40
まめ。さん、こんにちは。
いやぁ、スゴイ事になりましたね。
ライコネンが、ついに覚醒しました!
拙者は、ライコネンを必死で応援するでござるよ!!
Posted by Moto at 2009年05月24日 18:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2009 Round6 F1モナコGP 公式予選の結果 モンテカルロ
Excerpt: 昨日はバリチェロのお誕生日だったようで お誕生日&予選3位、おめでとうございました さてさて、モナコGP予選でバトンがPP獲得しました劣 これは!..
Weblog: ぴぐろぶ
Tracked: 2009-05-24 14:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。