2009-05-11 [Mon]

2009スペインGP決勝


F1第5戦スペインGPの決勝。
この地方独特の綿帽子がたくさん舞っている。マシンに影響はないのだろうか。
今回、KERSを搭載しているのは、フェラーリとマクラーレンのみである。

フォーメーションラップのあと、66周のレースがスタート。
バリチェロとマッサが好スタート、ベッテルは4番手に沈む。後方では、トゥルーリとスーティル、トロロッソの2台が絡む多重クラッシュが発生している。これで、いきなりのセーフティカー導入となる。波乱のスタートだ。
セーフティカー先導での順位は、バリチェロ、バトン、マッサ、ベッテル、ウェバー、アロンソ、ロズベルグ、グロック、ハイドフェルド、ライコネン、コバライネン、クビサ、ピケ、ハミルトン、フィジケラ、中嶋。

6周目に再スタート。
ウェバーとアロンソの激しいバトルが続く中、コバライネンが失速。そのまま、ピットでリタイヤとなる。
ブラウンGPの2台は快調に飛ばしまくり、12周目にはマッサを3秒以上離している。予選でチョンボしたライコネンは、しきりにハイドフェルドに仕掛けるが、なかなか抜くことができない。どうやら、KERSが壊れているようだ。
18周目にグロック、19周目にバトン、20周目にバリチェロ、21周目にマッサとベッテルと、各車続々ピットインをおこなう。バトンは戦略を変更したようだ。
そんな中、ライコネンが突然のスローダウンでリタイヤ。スロットルの問題のようだ。せっかくクルマが速くなったのに、フェラーリの信頼性はボロボロだ。
32周目に、バリチェロが2回目のピットイン。バリチェロは予定通りの3ストップ作戦だが、バトンは2ストップに変更したようだ。


40周目での順位は、バトン、マッサ、ベッテル、バリチェロ、ウェバー、アロンソ、ロズベルグ、ハイドフェルド、ハミルトン、グロック、クビサ、ピケ、中嶋、フィジケラとなっている。マッサのフロントホイールカバーが外れて飛ぶシーンが映し出される。
44周目に、またしてもマッサとベッテルが同時にピットイン。さっきと同じ映像を見ているのかと思うぐらいに、戦略がまったく同じだ。
45周目には、トップのバトンから2番手のバリチェロまでは、12秒もの差が開いている。
残り18周目で、バトンは最後のピットイン。バリチェロはあと1回ピットインしなければならないのだが、なかなかペースが上がらない。
残り16周目で、バリチェロとウェバーが同時にピットイン。この時点での順位は、バトン、バリチェロ、ウェバー、マッサ、ベッテル、アロンソ、ハイドフェルド、ロズベルグ。
残り9周目で、マッサにベッテルが迫ってきたが、なんと、チームから無線で「燃料が足りない」と言っている。燃料をセーブするか、ピットインしろとドライバーに選択を求める。何という無茶苦茶なチーム運営だろう。こりゃ、ダメだ。もう、最悪だ。
残り4周目から、マッサは燃費走行に切り替え、ベッテルにパスされて5番手に落ちる。バトンがハミルトンを周回遅れにする中、さらに残り1周でアロンソまでもがマッサをスパッと追い抜いていく。もう、マッサがかわいそうで見てられないよ。

結果は、バトンが3度目のポール・トゥ・ウィンで、今季4勝目を上げる。これまでの全戦表彰台で、道端ジェシカが同行しているときには全勝している。今回もジェシカが国際映像に映りまくっている。
2位はバリチェロで、ブラウンGPは開幕戦に次いで、2回目の1-2フィニッシュだ。バリチェロとしてはちょっと不満だろうけど、作戦もバッチリ決まり、さすが、ロス・ブラウンと言ったところか。フェラーリのダメッぷりとは対照的で、どちらがフェラーリなのかよくわからない。

1位 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス
2位 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス
3位 マーク・ウェバー レッドブル・ルノー
4位 セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー
5位 フェルナンド・アロンソ ルノー
6位 フェリペ・マッサ フェラーリ
7位 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー
8位 ニコ・ロズベルグ ウイリアムズ・トヨタ
9位 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス
10位 ティモ・グロック トヨタ
11位 ロバート・クビサ BMWザウバー
12位 ネルソン・ピケ ルノー
13位 中嶋一貴 ウイリアムズ・トヨタ
14位 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディア・メルセデス
R  キミ・ライコネン フェラーリ
R  ヘイキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス
R  ヤルノ・トゥルーリ トヨタ
R  セバスチャン・ブエミ トロロッソ・フェラーリ
R  セバスチャン・ブルデー トロロッソ・フェラーリ
R  エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
フェラーリの采配ミスはもうありえないですよね。
信頼性も雀の涙ほどしか上がってないようですし、この体制が続くとなると・・・
ブラウンGPのマシンは全然トラブってるところを見ませんね。今回、微妙な作戦変更はありましたが、それでも強いことに変わりありませんね。
鈴鹿までにはどうなることやら・・・
Posted by DeltA at 2009年05月12日 01:04
DeltAさん、こんにちは。
まったく、フェラーリはやることなすことグダグダです。
マッサも、せっかくの表彰台のチャンスをフイにされて、もう今季はあきらめたような発言をしてますしね。気持ちを切り替えて、これから復活して欲しいものです。
それにしても、ロス・ブラウンと道端ジェシカの効果はスゴイです。
Posted by Moto at 2009年05月12日 06:37
こんばんは(^^)今回は色々忙しくてなかなか録画を観る事ができなくて今日になってしまいました。やっと私も記事をうpしました。

またまたブラウン1−2で私は嬉しいですが、今回はバリチェロが可哀想でした。。
モナコでも頑張ってもらいたいです!

フェラーリの給油量のミスは頂けませんね…
マッサは哀しい事です。。見るに堪えませんでした。これまでフェラーリの強さに私は反発していたのですが、こうなるとちょっと応援したくなってきます。
頑張ってほしいですね。

ジェシカの効果はバトンがチャンピオンになったら認めますwwwww
Posted by まめ。 at 2009年05月17日 00:37
まめ。さん、こんにちは。
ロス・ブラウンがハッキリ答えていましたが、あれはチームオーダーでも何でもなく、ただ単にバリチェロが予定より遅かっただけです。
それに比べて、バトンは自分のウルトラスムーズな走り方を変えてまでも、アグレッシブに優勝を目指して頑張っていますので、私もかなり見方が変わりました。
何せ今季のチャンピオンが掛かってますから、同じチームで食い合う必要もありませんし、たとえチームがバトンを優遇したとしても、それは当たり前のことです。
ですから、応援するんだったらバトン一人に全精力を傾けてください。バリチェロがかわいそうなんて、言ってる余裕はありませんよ。
ホントに優勝できるんだったら、ジェシカも毎戦連れて行くべきです!
Posted by Moto at 2009年05月17日 05:25
ふむふむ!そっか〜
よっしゃーーーバトンだけ全精力傾けます!!!Motoさんのレス、非常に元気がでました!!ちょっとふっ切れました。
ありがとうございますm(_)m
ジェシカも優勝の為ならやっぱ要るかな(泣)

Posted by まめ。 at 2009年05月17日 19:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

F1'09第5戦スペインGP決勝
Excerpt: (本心)「もうバトンがシリーズチャンピオンじゃね?」 順位 ドライバー(チーム) タイム タイヤルーティン KERS 1 J.バトン(ブラウ..
Weblog: D-BLOG
Tracked: 2009-05-12 00:58

2009 Round5 F1スペインGP/バルセロナ・カタロニアサーキット 決勝の結果 BrawnGP 1-2!!バトン4勝目☆
Excerpt: 今回は決勝だけの結果うpです。 残念ながらGWから忙しかったので、今回はゆっくりTV観戦できませんでした。ビデオ録画も「決勝」と「川井ちゃんのF1GPニュース」だけです…。 スペインGP、またま..
Weblog: ぴぐろぶ
Tracked: 2009-05-17 00:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。