2009-05-10 [Sun]

2009スペインGP予選


F1第5戦スペインGPの予選。
いよいよ、ヨーロッパラウンドの開幕だ。各チームが大幅なアップデートを施してきており、フェラーリも新型ディフューザーなどを組み込んで好調のようだ。BMWザウバーなんか、マシンのカタチが当初から比べてかなり変わったものになっている。

Q1

Q1から目まぐるしくトップが入れ替わり、なんと、1分20秒台に入れないとQ2進出も難しいという、強烈な展開だ。今回の中嶋は、かなり頑張って上位にとどまっている。
ここでのトップは、マッサの1分20秒484。フリー走行から速かったので、フェラーリのアップデートの方向性が間違っていないことを証明したカタチだ。
ここでの脱落は、ライコネン、ブルデー、コバライネン、スーティル、フィジケラの5名。
マッサがトップなのに対して、なんとライコネンがこんなところで敗退している。マレーシアGPでのマッサと同様、たった1回のアタックで止めてしまったようだ。またしてもチームの判断ミスだ。これじゃぁ、マシンがせっかく良くなっても意味ないじゃないか!

Q2

続くQ2でも、ブラウンGPとレッドブルが強く、トヨタは少し失速気味で、そこにようやくフェラーリが絡んできたように見える。
今季唯一のルーキーであるブエミが、派手にコースオフするシーンが映し出される。去年、コバライネンが突っ込んで、大クラッシュしたコーナーだ。
Q2でのトップは、バリチェロの1分19秒954。唯一人、1分20秒を切ってきた。
ここでの脱落は、中嶋、ピケ、ハイドフェルド、ハミルトン、ブエミの5名。
中嶋は残念ながら、わずかに2/100秒及ばず、Q3進出を果たせなかった。

Q3

最終のQ3では、バリチェロとベッテルの一騎打ちのようだったが、最後の最後でバトンがスゴイ走りを見せ、1分20秒527でトップに立ち、今季3度目のポールポジションを決めた。
予選のベスト8は、バトン、ベッテル、バリチェロ、マッサ、ウェバー、グロック、トゥルーリ、アロンソとなった。
マッサが4番手に付けることができたのは、フェラーリファンとしては非常に嬉しい。どうやら、アロンソ、バトン、グロックが、比較的軽めの燃料搭載量だと思われる。
予選後のインタビューで、ベッテルが1回目のピットストップを「27周目だ」と言うと、バトンは「うちは32周目だから問題ない」と返したのが、なかなか笑えた。
マジでそうなら、バトンの優勝は間違いないんだけどねぇ。


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
予選後の重量からの周回だと、2人ともかなり早いみたいですねw
バトンもベッテルもいい意味でふざけ合っていて、数年前みたいに緊迫した感じじゃないのがいいですね。
Posted by DeltA at 2009年05月10日 11:28
DeltAさん、こんにちは。
ホントに、ベッテルはイイ味出していますよね。
レースは、マッサがKERSを上手く使ってトップに躍り出れば、優勝の可能性もあるような気がします。本当は、ライコネンに期待していたんですが、なんせ予選でチョンボしちゃったもんで…。
ところで、DeltAさんのブログにトラックバックしても、いつも失敗してしまうのは何故でしょうか。
Posted by Moto at 2009年05月10日 18:00
>Motoさん
一応、こちら(livedoor)ではトラックバックを全て容認する設定のはずなんですが、
まめ。さん共に、seesaaからのトラックバックがうまく受け入れられてないみたいです・・・管理画面に通知すらきてないですorz
他のブログサイトからは未確認なんですが、いろいろ調べてみて問題を解決したいと思いますので、ご了承下さい。
Posted by DeltA at 2009年05月11日 01:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

F1'09第5戦スペインGP Sグリッド
Excerpt: ジェンソン・バトンはヨーロッパに行っても強し! 順位 ドライバー(チーム) タイム マシン重量 KERS 1 J.バトン(ブラウンGPメルセ..
Weblog: D-BLOG
Tracked: 2009-05-10 11:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。