2008-09-29 [Mon]

2008シンガポールGP決勝


F1第15戦シンガポールGPの決勝。
史上初のナイトレースは、かなり面白かったけど、またまた惨憺たる結果となり、脱力感から、なかなか書く気にならなかった。ちょっと落ち着いたので、いつも通り記録を残すことにしよう。

ハイドフェルドは、予選でのバリチェロへの妨害により、3グリッド降格ペナルティを受けている。ロズベルグとアロンソ以外は、すべてハードタイヤによるスタートだ。
上空から見ると真っ白に輝くコースで、フォーメーションラップが始まる。
61周のレースがスタート、マッサが完璧なスタートを決め、上位陣に順位の変動はない模様。クビサとコバライネンが軽く接触した以外は、大きな混乱もないようだ。
随分と燃料を積んだと思われるトゥルーリがフタとなっており、9番手以降は数珠つなぎの状態だ。10番手のロズベルグは、これではたまらん!と、トゥルーリに猛攻を仕掛け、7周目にようやくパスすることに成功。それに続いて、翌周には一貴、その翌周にはアロンソもトゥルーリをパスしていく。意外と、このコースはオーバーテイクが可能なようだ。その間に、トップのマッサが何かのパーツをフロア下に巻き込むシーンが映し出されるが、特に問題はないようだ。

15周目に、ピケがウォールに激突、大クラッシュしてリタイヤ。これでセーフティカーの導入となる。この時点で、下位のマシンが続々とピットインするが、その後にピットインしたロズベルグとクビサは、後に審議対象となり、結局10秒ストップペナルティが出ることになる。ピットアウトしたばかりのバリチェロは、何故かコース上でストップしてしまい、リタイヤとなる。
17周目にピットレーンがオープンになり、上位陣が続々とピットイン。ライコネンはマッサの後ろで待つことになり、大幅なタイムロスだ。
そのマッサは、なんと給油リグが付いたままで発進してしまい、ちぎれたホースでクルーをなぎ倒し、ピットレーン出口手前で止まった。これはマッサではなく、クルーのミスだ。フェラーリのクルーは、ピットレーンを端から端まで全力疾走し、マッサのマシンから給油リグを抜き取ろうとするが、なかなか抜けない。ようやく抜けてコース復帰したときには、最後尾に転落してしまった。
この大失態が危険行為と見なされ、マッサにはドライブスルーペナルティが出ることになる。せっかく圧勝できたレースを、ミスでフイにしてしまったフェラーリ。なんというドタバタぶりだろう。これでは、さすがにマッサがかわいそう過ぎる。よぅし、こうなったらライコネンに頑張ってもらうしかない!

28周目にクビサ、29周目に暫定トップのロズベルグが、ペナルティ実施のためにピットイン。33周目に、暫定トップのトゥルーリが最初で最後のピットイン。これでトップはアロンソとなる。
38周目に一貴がトゥルーリをパスしていく。39周目にはライコネンもトゥルーリをパスし、この時点での順位は、アロンソ、ロズベルグ、クルサード、ハミルトン、グロック、ベッテル、ハイドフェルド、一貴、ライコネン、トゥルーリと続く。
アロンソは、42周目に2回目のピットイン。トップを維持してコースに復帰する。ハミルトンは、クルサードをようやくパスして2番手に浮上。
残り11周で、トゥルーリがスローダウン。ライコネンは2回目のピットインで、グロックの後ろ、5番手で復帰。コース上では、マッサがスピンしたのと同じところに、スーティルが突っ込んでクラッシュ。これで2回目のセーフティカー導入となる。

残り9周目での順位は、アロンソ、ロズベルグ、ハミルトン、グロック、ライコネン、ベッテル、ハイドフェルド、クルサード、一貴、バトン、コバライネン、クビサ、ブルデー、マッサ、フィジケラとなっている。
残り4周目に目を疑うような光景が…。なんと、グロックをとらえようとしたライコネンがターン10の縁石に引っかかって、ウォールにクラッシュ。これで、タイトル防衛の夢は完全に消えてしまった。
結果は、アロンソが今季初優勝で、シンガポールの初代ウィナーとなった。非力なマシンでも、ここぞと言うときには優勝してしまうアロンソは、やはりただ者ではない。
2位は、セーフティカーのタイミングをバツグンに生かしたロズベルグ。3位は、無理せずにハミルトンが確保して、チャンピオンシップをさらに有利にした。一貴は、ライコネンの自滅により8位となり、ラッキーなポイントが手に入った。

フェラーリは、ドタバタでノーポイントのため、コンストラクターズポイントでもマクラーレンに抜かれてしまった。ライコネンにチャンピオンの可能性がなくなった今、せめてマッサをチャンピオンにするため、どんなことでもやろうぜ!

1位 F.アロンソ(ルノー)
2位 N.ロズベルグ(ウイリアムズ)
3位 L.ハミルトン(マクラーレン)
4位 T.グロック(トヨタ)
5位 S.ベッテル(トロロッソ)
6位 N.ハイドフェルド(BMWザウバー)
7位 D.クルサード(レッドブル)
8位 中嶋一貴(ウイリアムズ)
9位 J.バトン(ホンダ)
10位 H.コバライネン(マクラーレン)
11位 R.クビサ(BMWザウバー)
12位 S.ブルデー(トロロッソ)
13位 F.マッサ(フェラーリ)
14位 G.フィジケラ(フォース・インディア)
15位 K.ライコネン(フェラーリ)
R J.トゥルーリ(トヨタ)
R A.スーティル(フォース・インディア)
R M.ウェバー(レッドブル)
R R.バリチェロ(ホンダ)
R N.ピケJr.(ルノー)


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
こんばんは。風邪もようやく完治し、先程私も記事うpした所なのでまたまたトラックバックさせて頂きました。
まあ、色々の事はさておき。
私はシンガポールGPすごく綺麗だったし好きでしたがMotoさんはいかがでしたか?
6時間くらいで行けるそうなので、一度は行ってみたいですね!!
残り3戦、応援しましょう!!
Posted by まめ。 at 2008年10月05日 02:31
風邪が治って、何よりです。
シンガポールはキレイでしたね。バレンシアと違って、何とか抜けるサーキットだったので、退屈ではなかったです。
しかし、フェラーリのお粗末な様子にはイライラさせられました。とにかく、戦略がダメダメで、雨やセーフティカーの試合ではまったく勝てないし、今回のようにチョンボが多すぎますね。これまでも、勝てるレースを何度落としていることか…。これだけドライバーの足を引っ張っていては、いくらクルマが速くても、チャンピオンシップなんてとても戦えませんよね。
今回も、セーフティカーが出ただけで、上位にいた2人とも最下位に落ちてしまうなんて、アホすぎて言葉が出ませんでした。
今回、初めて本物のF1レースを観に行けることになりましたので、フェラーリの良いレースが観られることを期待しています。
Posted by Moto at 2008年10月05日 06:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2008 Round15 F1SingaporeGP マリーナ・ベイ・ストリートサーキット 初のナイトレースwinnerはアロンソ!!おめでとう!!&決勝の結果
Excerpt: 風邪まだ少し咳が残っていますがや~っと完治です(^^) シンガポールGP初のナイトレースから一週間。今頃って感じですが自分の為にもとりあえず記事にw 今、CSでこれまでのレースを放送しています。今日は..
Weblog: ぴぐろぶ
Tracked: 2008-10-05 02:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。